健康保険を使って包茎手術できるの?

健康保険を使うと総額5万円前後

包茎手術で健康保険を使う場合は、総額で5万円前後の負担が目安となります。
値段は手術を受けるクリニックや術式にもよりますが、大体費用はこれくらいの金額に収まる傾向です。
勿論、健康保険が使えなければ全額負担となりますし、そうなると出費が嵩みます。
残念ながら、包茎手術は健康保険が使えない人の方が多いので、誰もが5万円前後で済むとは限らないです。
しかし、単なるコンプレックスどころか性行為に悩むほどの症状なら、十分に保険適用に期待できるでしょう。
5万円で済むならラッキーですし、これで悩みが解消することを思えば、前向きに検討する価値のある手術だといえます。
衛生的にも見た目的にも、包茎は望ましい状態ではありませんから、早めに解消するのが理想的です。

健康保険が使えるのは真性包茎のみ

男性特有の悩みの1つ包茎は、包茎手術で解消することができます。
全てのタイプではありませんが、一部の深刻な状態については、保険適用で手術が受けられます。
健康保険が使えるのは、皮が完全に被っていて剥くことのできない真性包茎です。
手で剥くことすらできず、勃起をすると痛みが生じる場合は、保険を使って比較的手頃に手術できるわけです。
仮にもし保険適用がなければ、手術費用は10万円どころか15万円くらいの値段になるので、悩みがなくなるとしても出費は高額です。
真性包茎に健康保険の適用が認められている理由は、それだけ速やかに対処する必要があるからです。
勃起時に必ず痛みを覚えるとなると、性行為に重大な支障をきたしますから、健康保険は手術費用の負担を軽減することで治療をサポートしています。

仮性包茎は健康保険が使えないので注意

割合が多いいわゆる仮性包茎は、通常時に皮が被っていても勃起時に剥けるので、包茎手術の必要性が低いことから健康保険の適用対象外です。
当然ながら、仮性包茎の人が包茎手術を決めれば自由診療扱いになるので、費用は全額本人の負担です。
ただ、幸いなことに手術の値段は真性包茎やカントン包茎に比べ低めですから、全額負担してもあまり懐を痛めずに済みます。
相場は地域にもよりますが、真性包茎の保険適用より少し上の、7万円前後で手術することができます。
これは仮性包茎の人が少なくないこと、この値段でも十分に利益が出せるなどが価格の理由だと考えられます。
いずれにしても、費用を全額負担することになるので、事前に説明を良く聞いて納得してから手術を決めましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です