包茎手術の値段の相場が知りたい

包茎手術の相場は20~30万円

包茎手術は基本的に健康保険が使えないので、費用はけっこう高額になってしまいます。どのような手術法を選択するかでも値段は変わってきますが、現在もっとも一般的に行われているのが亀頭直下埋没法と言われている方法で、だいたい20〜30万円程度が相場になります。この亀頭直下埋没法は、傷跡が目立たない自然な仕上がりになるのが特徴で、包茎手術をするならこれが一番おすすめかもしれません。とにかく安く受けたいというなら、環状切開術というものもあり、これだと10万円以下で受けることも可能です。しかし、この方法だと傷跡が目立ちやすくなるというデメリットがあります。しっかりと包茎のコンプレックスを取り去りたいなら亀頭直下埋没法がおすすめです。

クリニックによっては高額になることも

包茎手術は基本的に自由診療なので、値段はそれぞれのクリニックが自由に決めることができます。そのため費用はクリニックによって大きく変わってくることも珍しくありません。それでも、それぞれのクリニックは競争をしているわけですから、だいたいの相場というものはあります。亀頭直下埋没法ならば20〜30万円程度が相場だということを覚えておけば、クリニック選びの参考になるでしょう。その相場よりも高すぎる場合は、悪徳クリニックの可能性があるので注意するべきです。また、あまりにも相場よりも安すぎるクリニックも注意した方がいいかもしれません。安いのには何か裏があるかもしれないからです。包茎手術はそんなに難しい手術ではないですが、デリケートな部位の手術ですから、失敗は許されません。信頼できるクリニックを選びましょう。

包茎の種類によって値段が変わる

一口に包茎手術といっても、包茎の種類によって値段が変わってくる場合があります。まず、カントン包茎や真性包茎の場合は健康保険を利用することができるので、自由診療の場合にくらべてかなり費用を抑えることが可能です。数万円程度の費用で済ませてしまうことができるでしょう。ただし、保険適用で受けることができる手術法は、あまりクオリティが高くないので、傷跡が目立ちやすくなったりツートンカラーになったりする可能性が高いのは否定できません。そのため、保険適用ができる場合でも、自由診療の方で手術してしまう人も多いです。日本人の包茎のほとんどは、仮性包茎になります。仮性包茎の手術法は色々ありますが、一番ポピュラーなのが亀頭直下埋没法です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です